コウジ酸の効果・効能・副作用は?医薬部外品の美白成分の実力は?

コウジ酸とは?

コウジ酸(麹酸,Kojic acid)は、1907年に麹から発見された化合物です。
杜氏の白い手
酒造りを行う杜氏(とうじ)は年齢を重ねても透き通るように白く、美しい手をしています。
この伝承をもとに、日本酒や味噌・醤油などの醸造に使われる麹(こうじ)の発酵過程で生みだされる「コウジ酸」に着目し、美白効果があるのではないか?と最初に研究をはじめたのが三省製薬。
シミのもとであるメラニンの生成を抑える作用があることを発見しました。
その後の研究の結果1988年、コウジ酸はお肌において確かな効果と安全性が実証された初の医薬部外品の美白有効成分として認可されました。

コウジ酸は肝斑やシミの治療に取り入れられ、黄ぐすみになった肌も透明感が出ることが明らかになっています。
コウジ酸が医薬部外品として認可されてから、美白成分として、皮膚科のクリームや多くの美白化粧品に配合されるようになっています。

コウジ酸の効果・効能

コウジ酸は医薬部外品として、正式に認可されている美白有効成分です。
そのコウジ酸の効果・効能について詳しくみてみましょう。

コウジ酸の「シミ・肝斑」への効果

コウジ酸がメラニンを抑制
コウジ酸はシミ・肝斑のもとになるメラニンという色素の生成を食い止めます。
シミ・肝斑の元になるメラニン色素は、肌の色や髪の毛の黒色の元になる成分です。
健康な状態の肌では、必要な量だけ肌に残り不要な分は肌の代謝によって排出されます。
しかし、紫外線のダメージや、ホルモンバランスの乱れなどで代謝のバランスが崩れてしまうと、メラニン色素が肌に残り、それが蓄積して定着し、シミになります。

コウジ酸のシミへの美白効果コウジ酸は、このメラニンの生成を抑制する効果があるのです。
メラニンの生成を食い止めるので、シミ・肝斑が濃くなるのを防ぎ、徐々に本来の肌色に戻していく働きがあります。

コウジ酸の「黄ぐすみ」への効果

黄ぐすみ・ハリの低下への効果
「黄ぐすみ」とは加齢に伴って、肌色が徐々に黄色く、くすんだようになってしまう現象です。
この黄ぐすみの原因は肌の「糖化」なのです。
糖化とは、体内のタンパク質と糖が結びつくことです。タンパク質が糖化する際に、「AGEs(エージーイーズ)」という黄褐色の物質が作られるのですが、この「AGEs」蓄積し、肌色が黄色く濁ったようになるのが「黄ぐすみ」の正体なのです。

コウジ酸の黄ぐすみへの効果
コウジ酸にはこの黄ぐすみのもとになるAGEsの産生を抑える「抗糖化作用」があることが明らかになっています。
臨床試験でも、コウジ酸で黄ぐすみが解消され肌色が明るくする効果が認められています。

コウジ酸の「シワ・たるみ」への効果

コウジ酸のシワ・たるみへの効果
コウジ酸には、美白だけではなく、炎症を防ぎ、活性酸素をの産生を抑える力があります。
活性酸素は紫外線を浴びたお肌の炎症から生まれ、「老化促進物質」ともいわれています。
この活性酸素はお肌の弾力・コラーゲンの減少を引き起こしシワやたるみの原因にもなるのです。

コウジ酸は、この活性酸素の産生を防ぎ、お肌の老化を防ぎ、ハリや弾力を守る効果があるのです。
実際の臨床試験でも、お肌のハリ・弾力に対する効果が証明されています。

コウジ酸は発がん性など副作用があるって本当?

コウジ酸
コウジ酸の美白効果とともに、発がん性の噂を聞いて心配になっている方もいらっしゃるかもしれません。

コウジ酸はマウスやラットの実験で肝がんなどの発がん性が示唆されたという報告があり、2003年一時使用が中止されました。
しかし、この実験はコウジ酸を食品添加物として高濃度で摂取(エサとして食べた)したことによるものでした。

その後の追加試験でも、皮膚へ塗って使用した場合には影響がなく、皮膚から体内(血中)への吸収もほとんどないと考えられています。
また10年以上も化粧品として使用されてきたなかでも影響は出ておらず、健康被害の報告もでていません。
コウジ酸は安全です
以上のことから、厚生労働省からの正式な発表として、

  • コウジ酸を含有する医薬部外品を通常使用する条件下において、発がん性のリスクは現実的には極めて小さい
  • コウジ酸の皮膚から体内への吸収はほとんどないこと、これまで特段問題となるような健康被害の報告もない

医薬部外品として適正に使用される場合にあっては、安全性に特段の懸念はないものと考えられる。
つまり、コウジ酸には発がん性などの副作用はないと結論づけられています。

【参考:コウジ酸を含有する医薬部外品について】(厚生労働省サイト)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/11/dl/s1102-8c.pdf

コウジ酸の化粧品

実際にコウジ酸を配合している化粧品は多数販売されています。
コウジ酸配合の美白化粧品をご紹介します。
シミ・くすみ・カンパンなど悩みに応じて選んでみましょう。

三省製薬のコウジ酸化粧品ブランド・デルメッド(DERMED)

コウジ酸を開発した三省製薬の化粧品ブランドが「デルメッド」です。
デルメッド美白化粧品
デルメッドは公式サイトからの通販限定の商品なので薬局やドラッグストアのコスメコーナーでは見かけない商品です。
楽天・アマゾンなどの通販サイトでも取り扱いがないので、公式通販サイトでの購入のみ。

デルメッドのコウジ酸配合の化粧品


三省製薬「デルメッド スキンケア トライアルセット」

通販限定のデルメッドなので、サンプルなどでお試しができないところが難点ともいえます。
デルメッドのコウジ酸配合の化粧品ラインは高価になっているので、いきなり本品を買うのは不安、という方向けに、トライアルセットとして10日分のお試しセットが発売されています。このトライアルセットにはコウジ酸は配合されていませんが、デルメッドがご自身の肌に合うかどうかや、使用感などを試してみたいという方は、このトライアルセットでモニターしてみるのもオススメです。
http://www.dermed.jp/

デルメッドの10日間トライアルセット

コーセー化粧品(KOSE)のコウジ酸化粧品「白澄XX」

コーセーから2015年5月に発売されたコウジ酸配合の美容液が「白澄 XX 美白美容液」です。
コーセー白澄 XX 美白美容液
美白成分「コウジ酸」に加え、保湿成分「月見草エキス、牡丹エキス、百合エキス、ヒアルロン酸DPG」、エモリエント成分(皮膚に潤いと柔軟性を与える)の「オレイン酸誘導体」が含まれています。メラニンの過剰な生成を抑制してシミ・ソバカスを防ぐ、浸透感にすぐれた「うるおい美白美容液」です。
コウジ酸を配合の美容液のなかでは値段も比較的お手頃です。

■コーセー化粧品「白澄 XX 美白美容液」

容量 40g[医薬部外品]
価格 ノープリントプライス(4,320円~)

コーセー 白澄 XX 美白美容液 40g
(※楽天市場に飛びます)

ロート製薬のコウジ酸化粧品・エピステーム(episteme)

ロート製薬のコウジ酸配合・美白美容液が「エピステーム ホワイトニングコンセントレイト」です。
ロート製薬エピステーム
大人のシミを防ぐメラノロックEX(美白成分コウジ酸と3種の保湿成分(アーティチョークエキス、油溶性甘草エキス、d-σ-トコフェロール))、さらに、月見草油・グルコン酸・コラプラスの保湿成分配合で、1本で美白・保湿ケアができます。
またロート製薬独自の高浸透技術「ディープターゲットデリバリー」で肌の奥まで美白有効成分が届きます。

■ロート製薬「エピステーム ホワイトニングコンセントレイト」

容量 45mL[医薬部外品]
価格 11,000円(税抜)

エピステーム ホワイトニングコンセントレイト
(※楽天市場に飛びます)

コウジ酸以外の美白成分。コウジ酸とどこが違う?

美白成分として人気のコウジ酸。コウジ酸以外の美白成分とどう違うのでしょうか?

コウジ酸と「SK-IIピテラ」どう違うの?

コウジ酸と並べて比較されるのがマックスファクターSK2の「ピテラ」という成分。
このピテラも、杜氏の手の白さからインスピレーションを得て、酵母や発酵の研究の結果発見された成分、と、研究過程や原料もコウジ酸に似ています。
ただ、このピテラはコウジ酸とは別物です(ピテラは「医薬部外品」の認可はされていません)
SK-IIの公式サイトによると「ピテラは、特殊な酵母「ガラクトミセス」 が発酵する時に生成される液体。」と説明されています。
ピテラは自然発酵プロセスから生まれた天然の成分で、これが肌の保湿成分と同じ成分を含むので、肌の透明感、柔らかさ、滑らかさを向上させる働きがあるそうです。

SK-IIのピテラ配合化粧品は、この天然の成分が高配合量で含まれています。
価格的にはかなり高額なラインナップになっていますが、浸透性など使用感が良く発売当初からのベストセラーになっています。
ただ、普通の化粧水よりも成分の濃度が高いので「ピリピリする」など、刺激を感じたり肌に合わないと感じる方もいるようです。
ピテラが初めてという方は、SK-IIトライアルセットでお試しするのがおすすめです。

SK-IIベストセラートライアルキット

■人気のピテラをSK-IIトライアルセットでお試し

SK-II ベストセラートライアルキット(5,761円~)
(※楽天市場に飛びます)

<セット内容>

  • フェイシャル トリートメント エッセンス(化粧水) 75ml ※SK-II<ピテラ>配合
  • R.N.A. パワー ラディカル ニュー エイジ(美容乳液) 15g
  • フェイシャル トリートメント ジェントル クレンザー(洗顔) 20g
  • フェイシャル トリートメント マスク 1枚 ※SK-II<ピテラ>配合

「ハイドロキノン」はアメリカで定番の美白成分

ハイドロキノンは写真の現像の還元剤として古くから使われていた成分で、写真を現像していた方の肌が白くなったことから美白作用が発見されました。ハイドロキノンは皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかける注目の美白成分。
ハイドロキノンの美白効果はビタミンCやプラセンタなどの10~100倍の効果があると言われています。

アメリカではシミや色素沈着の成分としてハイドロキノンは古くから化粧品に配合されてきました。
日本ではコウジ酸より歴史が浅く、以前はハイドロキノンは皮膚科など医療機関でしか手に入らない成分でした。
2001年の薬事法改正まではからハイドロキノン配合の化粧品も販売されるようになっています。

ハイドロキノンは還元作用が強く美白効果も高いのですが、その分副作用として、肌へのピリピリとした刺激や赤み・かぶれなどの炎症が起きることがあります。
初めて使用する際には、パッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

また、ハイドロキノンの副作用として長期的な使用・高濃度ハイドロキノンの使用により、メラニン色素を作る働きを失い色が抜ける「白斑」になる可能性があるといわれています。
6%以上の高濃度ハイドロキノンを継続的な使用や、低濃度でも1年以上の同じ場所に使用する場合は、白斑になる可能性があるといわれているので十分注意が必要です。
(※ただし、実際にハイドロキノンで白斑になったという症例の報告はありません。)

また、ハイドロキノン使用中はメラニン生成、つまり紫外線からの防御機能が抑制されています。
紫外線対策として、日焼け止めや日傘や帽子の使用などは忘れずに行うようにしましょう。

アルブチンもハイドロキノン誘導体

美白成分で有名なアルブチンは、ハイドロキノンにブドウ糖を結合したハイドロキノン誘導体です。
美白効果が高いものの刺激が強いハイドロキノンより、アルブチンは肌に優しく安定性が高いのが特徴です。
アルブチンはメラニンの活性化を抑える働きのある美白成分でコケモモやリンゴベリー、サンタベリー、ウワウルシ、梨などに含まれています。

■ハイドロキノン配合化粧品アンプルールAMPLEUR

美白成分「ハイドロキノン」を世界で初めて化粧品に配合したコスメブランドが「アンプルール」。
皮膚科医開発のドクターズコスメです。
「モンドセレクション」3年連続受賞の安心の品質で、シミ・肝斑のケアに使用可能です。
アンプルールトライアルセット
アンプルールの7日間のお試しトライアルキット、ハイドロキノンを試してみたい方にオススメです。
http://www.ampleur.jp/
<セット内容>

  • スポット集中美容液
  • 化粧水
  • 薬用美白美容液
  • 美容乳液ゲル
  • メイク落とし・洗顔料(パウチ2包)


AMPLEUR(アンプルール)トライアルキット